札幌の北の果て屯田の ま~るいおうちの住人『啓』が
塾長として一個人として、日々の出来事や気づきを、
ゆる~~く 書き綴ります♪

 

  

自立型学習塾 楽学の森 ホームページ

自立学習の芽生え

楽学の森に通っている生徒は、

小学校入学前の生徒の方が多いですヒヨコ

まだ自立学習とまではいきませんので、

個別に付き添って教えているところですが、


その中でも開塾当初から通ってくれている生徒は、

もう半年も経つわけで、

学習のパターンを覚えたのと、

ちょっと自立心が芽生えたのか、

プリントに取り組んでいる時は、

「先生、見てなくていいから、自分できます。」って、

つきっきりを拒む姿勢が出てきました。


「あら、そう?」とちょっと離れて別なことをしているそぶりをしていると、

「先生、できた!」って元気よく持ってきます。

「お~すごいじゃん。できてるよ~。花丸合格」でにっこり得意げニコニコ


小さいながらも、子ども扱いされるのが嫌なようです。

一生懸命机に向かって書いている後ろ姿がかわいいくて、

ついつい覘いちゃうんですけどね目



我が塾は、「自立型学習」を謳っており、

少しずつ手を放してはなしていくことになります。

ついつい口を挟んでしまいがちなのですが、

そこは、グッとこらえます。

間違って解答しているのを黙っていたりして。

「なんで、すぐ教えてくれないんですか」と訴えてくることもありますが、

「いいじゃん間違えた方が、より覚えるでしょ。」とつらっとしています(笑)


「失敗は学び」ですもの。

今のうちからうたれ強くならないとねビックリマーク

ファイト~グー

スポンサーサイト

昔の知恵 スイカ糖でスイカパン♪

昨夜は、ものすごい風でしたね台風

防風林脇のせいなのか、

ことのほか風の音がすさましくて・・・・ガーン

対照的な朝の日差しがとてもありがたく感じましたキラキラキラキラ




さて、今日はホームベーカリー第2弾!

スイカ糖を使った「すいかパン」を作ってみました。

これは↓母が作ったスイカ糖です。

札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

実家は農家ですので、毎年スイカをハウスで育てているのですが、

あまりにもたくさんできるので食べきれず、

スイカ糖を作ったそうです。

こちら、まるでイチゴジャムのようですが、

食べてみるとまったりとした自然の甘みが口に残ります。


ジャムのようにパンにつけて食べてもいいのですが、

砂糖の代わりにそのままパンネタの中に入れて焼いてみました。


出来上がりは~

札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと


きちんと膨らみましたよ。

中身も~


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

ふんわりしっとり~。

色はなぜかオレンジ色になりました。

気になるお味はというと、

スイカの風味は全くありませんが、

とってもまろやかな甘味のあるパンとなりました音譜



今までスイカで糖がとれるというのは知らなかったので、

勉強になりましたメモ


母の幼少の頃は物のない時代で、

白い砂糖なんてとっても貴重なもの。

家では、ビートを煮込んでビート糖を作って

砂糖代わりにしていたとは聞いていましたけど、

スイカでもできるんですね。


上白糖は、栄養のあるところは削って削って、

甘味だけを残したようなもの。

それに比べ、天然糖は栄養満点です。


物に恵まれた生活に慣れてくると、

工夫をするということがなくなっていくような気がします。


昔の人の知恵って素晴らしいキラキラキラキラ

見習わなくてはビックリマーク









ホームベーカリー GET!


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
車から見た石狩のとある風景キラキラ

へえ~、風力発電していたんだと思わずパチリカメラ

近くで見ると迫力の大きさでした。

 



さて、我が家に新たな家電が加わりました。

カードのポイントがたまっていたので、

ホームベーカリーに変換音譜


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

パン好きなのでずっと憧れていたのよね~ラブラブ

(ちなみにうちには炊飯器もない)

チリも積もればなんとやらですね。

うれしい~キラキラキラキラ


早速朝からゴトゴトと材料を用意しセット完了。

まずは、基本の食パンをとおもいつつ、

冷蔵庫にクルミと松の実があったのでついでに入れて、

スイッチオンビックリマーク


待つこと4時間。

いい匂いがほわほわと漂い~ぶーぶー


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

完成!!

なんてきれいに膨らむのかしら目

焼き立てがこんなに美味しいなんて。

何もつけなくでも、十分いける。

文明の利器の素晴らしさよ。


冷蔵庫に眠っている食材を使って、

アレンジパンに挑戦だわ音譜


食欲の秋は、まだまだ続く~音譜

『読書百遍読まずとも・・・』

子供からお年寄りまでみんなアタマが良くなる 超音読法/扶桑社
¥1,680
Amazon.co.jp

楽学の森の玄関には、学習に関する本を数冊並べて

自由に貸し出ししていますが、

よく保護者の方が借りていかれるののが、

松永暢史さんの著書です。


以前の日記でも『わが子を伸ばす四大必須科目「音読」「作文」「暗算」「焚き火」』

という本をご紹介しました。


松永暢史さんは、プロの家庭教師をされていた方で、

音読学習が学力を伸ばすことを発見され、

以後多くの著書を出され音読を推奨されています。


大きな声ですらすらと読むことで、学力があがるビックリマーク

一音一音読すると、さらに効果的!!


これだけで?と信じられないかもしれませんが、

本当なんです。

学校でも教科書を読んでもらうときがありますが、

すらすら読めている児童は、理解が速いです。

逆にすらすら読めないと読むことに精いっぱいで

内容までは入っていかないのです。


ことわざに『読書百遍義自ら現る』とあります。

百回読めば、すらすら読めるようになるでしょうし、

そうなれば自然と意味もわかってくるというもの。


百回も読むのは大変なので・・・汗

楽学の森では、音読学習器を使って学習しています。

自分の声を、ダイレクトに耳に入れることにより、

脳幹・間脳を振動させ、記憶力が伸びていきます。


やはり大切なのは、大きな声で、はきはきということです。


この学習法で効果を上げた子供たちの体験談を

まとめた本が出版されました。


3カ月で英語が偏差値25アップ(CD付)/コスモトゥーワン

¥1,260
Amazon.co.jp


本人の声が吹き込まれたCD付です。

中学生・高校生は、部活もあるし、

限られた時間の中で学習しなくてはなりません。

実際にどのように学習してきたのか、

詳しく解説されているので大変参考になりますよ。


今年受験の方もまだ間に合う!


お子さんから大人まで、

音読学習で能力アップ図りましょう!!



『口はひとつ、耳はふたつ』


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
用事を足しに外へ出たついでに、

近くの百合が原公園を散歩音譜

朝晩はめっきり寒くなりましたが、

秋晴れの日差しはポカポカと気持ちがよかったです晴れ

温室も覘いたりして、とてもリラックスできました。

植物って人の心を穏やかにしてくれますね。




さて、今日もまたカレンダーネタですが…ニコニコ


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

『口はひとつ、耳はふたつ』


な~るほどと、思わずうなずいてしまう言葉です。

学ぶためにはまず人の話を聞くこと。


とわかっているつもりですが、

結構人の話に口をはさむことってあるのです。

自己主張したくなるというか。

でも、わからないから学んでいるのですもの、

そこは素直に聞くほうが得策ですね。



よくコミュニケーション上手の人は、

聞き上手であると言われています。

相手の目をみて、肯きながら聞くこと。

そうすると相手は受け止めてくれたと感じ、

さらに、いろいろな情報を受け取ることができます。



小学校入学時、最初はこの聞く姿勢を作ることに時間をかけます。

絵本や紙芝居を読み聞かせし、

顔をこちらに向けることと、背筋もきちんと伸ばすことと。

耳を傾けていれば姿勢はどうとでも思うかもしれませんが、

やはり、そっぽ向いているのは相手に失礼ですし、

聞き逃しがあるものです。

聞く姿勢ができると、理解もぐんと深まります。


「ひざ小僧をこちら向けて」とか、

「おへそで話を聞いて」とか(笑)

姿勢を作るためにいろんな言葉で声をかけていました。


「まずは耳から」ですね。




script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=3846893-1351162889-340-453





『失敗とかいて、けいけんと読む』


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
夜中の風で、家の前の道路が落ち葉でいっぱいに!


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
「今季最低気温」というニュースが耳に入ります。

霜が降るのも時間の問題かしら…あせる




さて、今日の五日市剛さん日めくりカレンダーの言葉に

また、グッと来たのでご紹介♪

札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

「失敗」と書いて「けいけん」と読む


乙武洋匡さんの『五体不満足』の中のフレーズだそうです。

短いながらも、重みのある言葉です。


エジソンの言葉にも、

「私は実験において、失敗など一度たりともしていない。

この方法ではまくいかないということを発見してきたのだ」

とあります。


失敗を失敗ととらえずに学びとすることで、

人生には無駄なことは何一つないと思うことができます。


ついつい失敗して恥ずかがったり、

イライラしてしまったりしがちですが、

「ああこれも学びなんだ」と思えば、

前向きになれますものね。


今後は、辞書から失敗という文字をなくすことにしようひらめき電球




札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

「私も失敗知らず。楽に生きていけるわ~ネコ






「大人の音読コース」始めました♪

「最近物覚えが悪くて・・・。」

「ほら、あの人、なんて名前だったっけ?」

なんてこと、ありませんか?

私は、よくありますガーン


こんな時の言い訳が、「もう年だから~」なのですが、

実は、脳は使っていけばいつまでも成長するものなのです。

覚えていたものがパッと浮かばないのは、

情報量が多いためだといいます。


パソコンで例えるならば、

買っても間もないころは、

さくさくと動きますが、

使っていくうちにメモリーがいっぱいになり、

だんだん動きがにぶくなってくる感じ。


なので、すぐ思い出せないときは、

「ああ、たくさん記憶しているから」と前向きにとらえることして、

思い出せないことを気にしないことにしています。

検索はかけているので、

忘れたころにパッと思い出すことが度々ありますもの。


さて、そんな脳の働きを少しでもスピードアップさせるべく、

また、脳の若返りをめざし、

「大人の音読」を始めることにしました。


いわゆる老化という現象は、足腰の衰えから始まり、
聴覚(高音域の聴力低下は40代から始まる)、
そしてイメージ脳・芸術脳である右脳へと、進んでいきます。

ですので、老化を防ぐには、適度な運動と、高音域の音を聞き、
右脳を鍛える必要があります。

音楽家や芸術家でご高齢にもかかわらず活躍されている方が
多数いらっしゃるのは、普段から右脳を使っているからです。


学習内容は、音速学習教材ミミテック国語3、

もしくは、古文・漢文をミミテック音読学習器で学習します。

現在は、小学生の教科書にも古文・漢文の学習が入っていますね。


古文や漢文は、最初意味が分からなくても、

何度も読んでいくうちにおのずと内容がイメージできるようになります。



そのイメージをわき立たせる手助けをするのが

ミミテック音読学習器です。

ミミテック学習器は高音域を聞き取ることに長けた学習器で、
音読することにより自分の声を記憶脳である間脳へダイクトに届け、

右脳を鍛えていきます。



そして大きな声を出すことは、ストレス解消にもなりますね。


この、『大人の音読コース』は、グループ学習で行います。
友達とご一緒に参加されたり、このコースをきっかけに
コミュニケーションを図る場となるといいなと思っています。


毎週金曜日、午後1時~(学習時間は60分~90分くらいです)

個人学習でも学べます。その際は、時間帯が変わります。



皆さんお誘いあわせの上、どうぞ「楽学の森」へお越し下さいラブラブ

お待ちしております音譜








久々の帰省~♪



今年3月まで勤務していた小学校で、

学芸会があったので帰省してきました。


道中晴れたり曇ったり雨降ったり、

忙しい天候でしたが、

前方を見ると虹が架かっていたので

急いで携帯でパチリカメラ

札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

ちょっと薄くて見えずらくてスミマセン汗


虹は神との約束の徴と言われていますね。

ツイてる、ツイてる音譜



札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
峠の木々たちもすっかり秋色でした。

さらに帰りは、雪が降っていました雪の結晶

夏タイヤのままだったので、ちょっと焦りましたあせる


さて、久々に実家へ帰ったら、

あれ持って行け、これ持って行けで、

車のトランクが、野菜でいっぱい。

「そんなにいらないよ」といっても

「いいから、いいから」でどんどん袋に詰める母。


実家の野菜は安心して食べられるので、

とてもありがたい。

暫く食に困らないわ。

母ありがとうキラキラキラキラ


次には父が、

「牛舎の2階に焚きつけになる青木があるから持って行け」とのことで、

がさごそ2階を探していると、

青木の他に、懐かしいもの発見目


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
これは、搾乳機の一部ですおうし座

幼いころ、両親がこれで搾乳して大きなタンクに

あけていたことを思い出しました。

夕飯になっても家に戻ってこない両親に会いに、

よく牛舎に入って働いているのを見ていました。

たまに手伝ったりもしましたが、

結構この缶、牛乳が入ると重くなります。

こんなのを毎朝毎晩手で運んでいたのよね~と

改めて両親の苦労に感謝の念が湧きあがりますキラキラ


もう使わないものだということで、

こちらもGET!

庭のオブジェに使えそう。

玄関に置いて傘立てもいいな~。



農家の物置には、掘り出し物がたくさんニコニコ










いまさら人に聞けない


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
家の前の林も、色づき始めましたもみじ

初冠雪のニュースも入ってきた北海道です。

すでに初冬と言っていいのかしら・・・。



札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
今日の昼食割り箸

玄米ご飯の上に目玉焼きとちりめんじゃこを乗せたものと

カボチャのお団子入り味噌汁と漬物。


ちりめんじゃこをカリカリにフライパンで焼いたのが大好きで、

昨日スーパーで二袋買ってきのだけどよくよく見たら、

「あら、表示が違う?」

左が「ちりめんじゃこ」で右が「しらす」と書いてある?
札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
ちりめんじゃことしらすって同じかと思っていたけど・・・?

こんなことも知らないなんて恥ずかしい~ガーン


こんな「いまさら人に聞けない」ことを知る時には、

ネットが便利ひらめき電球

キーワードで検索するといろいろな説が出てきました。

色の違いとか、大きさの違いとか、干してあるかないかの違いとか。

結局地方によって呼び方が違うそうな。


なんだ、同じでよかったのねと安心。

こうゆうことってよくありますよね。

いまさら人に聞けないこと。


長らく教員やっていたので、

「知らない」なんて言うと、

「え~先生なのに?」なんて言われてしまうので、

結構知ったかぶりしてたことがありましたが、


世の中知らないことの方が断然多いので、

この頃は開き直りの精神で、

知らないときは「知らない。教えて」ということにしました。

その方が教えてもらって勉強になるし、

教えてくれた相手は気分良くなるしお得です。


「こんなこと常識でしょう」と言われたこともありますが、

常識こそあってないようなもの。

人それぞれものさしで計るものなので、

常識なんてあてになりませんもの。



こうやって人間が太くなっていくのでしょうか。

いや図太くなってきたのかしら(笑)



家周り整いました! 

今日の火おこし当番(笑)


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

最近のライターは、子供には使えなくなっているので、

火つけは私がメラメラ


ぼ~と燃えだすと嬉しくなって、外へ煙突を見に行っていましたニコニコ

「あ~煙が出てる!!」


自分は子供の頃からストーブには親しんでいましたので、

火を点けることには恐怖もありませんし

物珍しさもなかったので火遊びはしたことはありません。

最近は、焚き火も禁止されているし、

ものを燃やすことも、マッチすら擦ったことがない子供も多いですね。

理科の実験で、恐る恐るマッチを擦っていた姿を思い出しました。


禁止されると隠れてしたくなるものです(笑)

誤った使い方をすると大変なことになることだけは教えました。

大人の見ている時だけねということも。




さて、先日物置が届き、我が家の家周りが整いました。


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

砂利だけ敷き斜めになっていた玄関先に、


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

木製のステップと木製タイルが敷き詰められました。



札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
↑見事なナチュラルグラスが(苦笑)


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
↑素敵な花壇と木々に変身音譜


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

「楽学の森」がちょっとした「森」に囲まれました霧

これからの生長が楽しみです。


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
ご近所の奥様が、「お庭にどうぞ」と

タイムとセージを分けて下さいましたラブラブ

本物のナチュラルガーデンをめざし、何を植えるか検討中。

取り急ぎ球根もの植えようかな。








プロフィール

楽学の森

Author:楽学の森
塾長の森脇啓江です。
読んで覚える音読学習=ミミテックメソッドを広めるべく学習塾を開塾しました。
自然あふれる札幌の地に念願の学び舎ドームハウスを建設し、
子供から大人まで楽しく集い学べる場を提供しています。

お問合せ

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問合せ内容:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
1843位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
187位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR