札幌の北の果て屯田の ま~るいおうちの住人『啓』が
塾長として一個人として、日々の出来事や気づきを、
ゆる~~く 書き綴ります♪

 

  

自立型学習塾 楽学の森 ホームページ

「先生怒ったことないの?」

「先生怒ったことないの?」


と、にらめっこして笑ったある塾生が

そのあとに私に言った言葉(笑)


「あるよ、いじめした時にはね。」

と答えましたが、

ふりかえれば結構他にも怒っていたわ。

というか叱っていたつもりなのだけどね。


時間に遅れれば「遅いむかっ!」と叱り、

屁理屈をこね始めれば「もういい聞きたくない帰れむかっ!」と言ったり。

結構頭ごなしが多かったかも・・・。


今思えば心に余裕がなかったというのか、

時間に追われてばたばたと仕事をし、

ゆっくりと話を聞いていなかったと反省・・・。


子供は子供なりに考えがあるものです。

よくよく話を聞いたら、

「あ、そこに引っかかりがあったのか。」と納得。


決まって叱った後は自己嫌悪に落ち込んでいたものです。



今はさすがにそんな叱るネタもありませんので、

穏やかに教えておりますが、

子供の話はしっかり聞こうと心がけております。



自分の学生時代を振り返ってみると、

結構怒りっぽい先生がいて、

授業前に先生の機嫌を、前に授業していたクラスの子に聞いていたりして、

ビビッて授業を受けていた記憶があります。

私の苦手教科となりました・・・。



高校時代、もっと怖い先生がいらっしゃいました。

その先生は、体格もよく、レスリングの顧問の先生。

学生時代の名誉の負傷で片耳が変形していました叫び

短髪で、いかつい顔。

だけど、いつもニコニコしていらっしゃったのです!

友達の間で、

「あの先生怒らせたら絶対怖いよね。」とささやかれていました。

なので、みんないい子にしていました(笑)

結局一度も怒らせたことがない。

怒った顔を見たことがない。

ニコニコ顔しか記憶がありません。

今思えば温かみのある先生でしたね。


本当に怖いのはいつも笑顔の人が怒った時かも・・・(笑)








スポンサーサイト
プロフィール

楽学の森

Author:楽学の森
塾長の森脇啓江です。
読んで覚える音読学習=ミミテックメソッドを広めるべく学習塾を開塾しました。
自然あふれる札幌の地に念願の学び舎ドームハウスを建設し、
子供から大人まで楽しく集い学べる場を提供しています。

お問合せ

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問合せ内容:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
1098位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
106位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR