札幌の北の果て屯田の ま~るいおうちの住人『啓』が
塾長として一個人として、日々の出来事や気づきを、
ゆる~~く 書き綴ります♪

 

  

自立型学習塾 楽学の森 ホームページ

こんなの必要ない!


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
商工会の懸賞に応募したら、

スキー券が当たった~ニコニコ

今年もツイてる一年となりそうだ~ 音譜




さて、お勉強中によく生徒が口にする言葉、

「こんなの勉強しても役に立たない、覚える必要ないむかっ

「なんで勉強するの?」


主に算数・数学の時に出てきますね~。

「単に勉強やりたくない言い訳じゃないの~?」

と心の中で叫びつつヽ(`Д´)ノ

スポーツをするときに筋力トレーニングが必要なのと一緒で、

物事を考える時に必要な脳のトレーニングですよと答えても、

納得しない様子。

まあ、実際方程式は生活するうえで出てきませんからね~。

必要ないと思っても仕方ありませんが・・・。


知らないよりは知っている方がいい、

できないよりはできた方がいい、

向上心・向学心って人間のみ与えられたものだと思うのですけど。


そんな疑問にサクッと答えてくれている本が、

茂木健一郎さんが書かれた「どうすれば頭がよくなりますか?」

どうすれば頭がよくなりますか? 13歳からの進路脳/世界文化社
¥1,260
Amazon.co.jp

中学生に向けて書かれたもので、

中学生の持つ悩みや疑問にわかりやすく答えられています。


  数学を学ぶのは、数学的倫理性を学ぶため。

  脳はオープンエンドで「ここで成長はおしまい」ということはない。

  いかに変化し続けられるか。

  自分を何ものかを決めつけてはいけない。

  何ものかにとたわれてもいけない。・・・等々


大人の私も勇気づけられる内容でした。

こころに残ったのが、

「根拠のない自信」を持つということ。

その例として赤ちゃんをあげ、

赤ちゃんは、誰に言われたわけでもなくハイハイを始め、

そしていずれ立ち上がる。次は一歩一歩と歩き始める。

そこにはあるのは「根拠のない自信」のみ。

何度転んでも必ず立ち上がり挑戦する。



そうなのよね~。

歩くことにこだわりを持って挑戦する赤ちゃんはいないですよね~。

大人はどうしても今までの経験や理屈でもって、

やることに意味を求めてしまいます。

そしていつしか新しいことにチャレンジしなくなる。



赤ちゃんのようにピュアな心で物事に取り組む。

できないんじゃないかなんて思わずに。




ということで、目の前の宿題に「もう無理~」と思っている小学生。

ピュアな心で、一心不乱に取り組みませんか!↓


■■■■楽学の森 冬休み学習会 生徒募集中!■■■


小学校入学準備2か月コース

冬休み宿題やっつけ隊(1月13日~16日午前10時~午後3時)


■■■■楽学の森 通常コース 生徒募集中!■■■■■■■■■■


幼児コース(国語・算数)

小学生コース(国語・算数・理科・社会・英語)

中学生コース(国語・算数・理科・社会・英語)

大人の音読コース(古典・古文・漢文)


詳しくは楽学の森ホームページ まで!


スポンサーサイト
プロフィール

楽学の森

Author:楽学の森
塾長の森脇啓江です。
読んで覚える音読学習=ミミテックメソッドを広めるべく学習塾を開塾しました。
自然あふれる札幌の地に念願の学び舎ドームハウスを建設し、
子供から大人まで楽しく集い学べる場を提供しています。

お問合せ

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問合せ内容:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
1591位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
153位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR