札幌の北の果て屯田の ま~るいおうちの住人『啓』が
塾長として一個人として、日々の出来事や気づきを、
ゆる~~く 書き綴ります♪

 

  

自立型学習塾 楽学の森 ホームページ

『おにたのぼうし』


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
今日は節分ですね。

我が家では豆まきはしませんが、

この頃、にわかに浸透しつつある「恵方巻き」を試してみました。

南南東を向いて黙々と・・・(笑)

ご利益あるかな~はてなマーク




さて、節分、豆まきと聞いて思い出す物語が、こちらです↓

おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)/ポプラ社
¥1,050
Amazon.co.jp

小学校の教科書に載っている物語。

今はどうなのかな?



○あらすじ
節分の夜のことです。
どのうちからもまめをまく音がして、

おにの子のおにたは、いくところがありません。

つのをかくす古いむぎわらぼうしをかぶって、まちを歩いていきました。

ようやく小さな橋をわたったところに、まめのにおいのしない家をみつけました。そこには、おんなのことおかあさんがすんでいました。

おかあさんは病気でした。

てんじょうのはりの上で、ふたりのようすをみていたおにたは、おんなのこをよろこばせてやりたいと思います


と、続きはぜひ本屋さんで・・・(笑)




「おに」といえば、悪いもの、怖いものとの認識があると思いますが、

この物語の「おにた」はとっても親切で、やさしい子。

貧しい女の子を喜ばせようと一生懸命です。

が、最終的にはその好意もむなしく・・・しょぼん


「おにだって、いろいろあるのに、おにだって・・・。」


このセリフが切なくて、

加えて、いわさきちひろさんのイラストも素敵で、

より物悲しさを誘います。


この物語を知ってから、

豆まきするのが申し訳ないような・・・。




思うに、

おにって、自分の心の中に潜んでいるもの。

泣き虫おに、

意地悪おに、

なまけおに、

イライラおに・・・・。


そんなおにさんを嫌うのではなく、

気づいてよしよししてあげて、手放す。


失敗人格セミナー で教わった手法です。

あまりマイナスなことにフォーカスはしたくないところですが、

進もうにも自分の中の何かがブレーキをかけて、

思う結果が得られないということがあります。

なので、時には自分のマイナスな部分に気付くことも必要なのです。



今日は、自分の心の中のおに、見つめてみよう。





■■■■楽学の森  生徒募集中!■■■■■■■■■


小学校入学準備2か月コース

幼児コース(国語・算数)

小学生コース(国語・算数・理科・社会・英語)

中学生コース(国語・算数・理科・社会・英語)

大人の音読コース(古典・古文・漢文)


詳しくは楽学の森ホームページ まで!













スポンサーサイト
プロフィール

楽学の森

Author:楽学の森
塾長の森脇啓江です。
読んで覚える音読学習=ミミテックメソッドを広めるべく学習塾を開塾しました。
自然あふれる札幌の地に念願の学び舎ドームハウスを建設し、
子供から大人まで楽しく集い学べる場を提供しています。

お問合せ

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問合せ内容:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
84位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR