札幌の北の果て屯田の ま~るいおうちの住人『啓』が
塾長として一個人として、日々の出来事や気づきを、
ゆる~~く 書き綴ります♪

 

  

自立型学習塾 楽学の森 ホームページ

漢字を楽しく♪

今日はやけに風が強かった札幌です。

(私の住んでいるところだけなのかもしれませんが…)


夕方にはやんでいましたが、

薪ストーブの灰が容器いっぱいになってしまって、

どうしても始末したかったので、

裏庭に穴を掘っていたところ、

激しく風が・・・台風

容器の蓋が飛んで灰が宙へ台風


これじゃあ花咲かじいさんだわ~(笑)

って笑っている場合ではなく、

近所迷惑なので慌てて蓋をかぶせました汗


木枯らしかしら汗




今日は漢字の練習について。

漢字を覚えるのって大変

1年生でもひらがなから始まり、

カタカナの学習が終わるか終らないうちに、

漢字の練習へと突入です。


学年を追うごとに新出漢字の量は増え、

高学年となると、1年間に200字近く覚えなくてはなりません。

中学生だと300字です。

毎日1個ずつ覚えればいいようなものですが、

なかなかそううまくはいきません。


効果的な学習方法は?

・・・・とにかく書いて覚えるしかありませんね。

シンプルだけど。


が、そんな中にもあえて練習法をあげるならば、


漢字にはひとつひとつ意味があるので、

部首とつくりの成り立ちを調べると

ある程度予想がついてきますね。

体に関係する漢字には「月」(にくづき)がつくとか

水に関係する漢字には「水」(さんずい)がつくとか。


つくりに注目すると、

同じつくりを持つ漢字は、

同じ音読みをすることも多いので、これもヒントになります。

「反」「版」「販」「板」「阪」「坂」「飯」などなど。


教員をしていた頃は、クラスの児童によく漢字カードを作ってもらい、

トランプのようにして遊んでいました。

正方形の紙に、漢字一文字を大きく書き、

真ん中から切り分けるのです。

これを使った「神経衰弱」や、「スピード」が盛り上がっていました。


また、1年間で習う漢字を一覧表にして、

音読みだけで続けて読む練習もしました。

(はたから聞いていると、まるでお経をあげているようです(笑))


何事もいかに楽しく取り組むかですかね。

ちょっとわかってくると俄然楽しくなって、

学生時代には、書けないけど読める漢字がたくさんありました。

花や木の名前とか、地名とか。

今はどうしちゃったんだろう?というくらい読めません汗

情けない…汗



脳も体も普段から鍛えておかなくちゃねグー






スポンサーサイト
プロフィール

楽学の森

Author:楽学の森
塾長の森脇啓江です。
読んで覚える音読学習=ミミテックメソッドを広めるべく学習塾を開塾しました。
自然あふれる札幌の地に念願の学び舎ドームハウスを建設し、
子供から大人まで楽しく集い学べる場を提供しています。

お問合せ

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問合せ内容:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
68位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR