札幌の北の果て屯田の ま~るいおうちの住人『啓』が
塾長として一個人として、日々の出来事や気づきを、
ゆる~~く 書き綴ります♪

 

  

自立型学習塾 楽学の森 ホームページ

『口はひとつ、耳はふたつ』


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと
用事を足しに外へ出たついでに、

近くの百合が原公園を散歩音譜

朝晩はめっきり寒くなりましたが、

秋晴れの日差しはポカポカと気持ちがよかったです晴れ

温室も覘いたりして、とてもリラックスできました。

植物って人の心を穏やかにしてくれますね。




さて、今日もまたカレンダーネタですが…ニコニコ


札幌市の自立型学習塾 楽学の森 啓先生の日々想うこと

『口はひとつ、耳はふたつ』


な~るほどと、思わずうなずいてしまう言葉です。

学ぶためにはまず人の話を聞くこと。


とわかっているつもりですが、

結構人の話に口をはさむことってあるのです。

自己主張したくなるというか。

でも、わからないから学んでいるのですもの、

そこは素直に聞くほうが得策ですね。



よくコミュニケーション上手の人は、

聞き上手であると言われています。

相手の目をみて、肯きながら聞くこと。

そうすると相手は受け止めてくれたと感じ、

さらに、いろいろな情報を受け取ることができます。



小学校入学時、最初はこの聞く姿勢を作ることに時間をかけます。

絵本や紙芝居を読み聞かせし、

顔をこちらに向けることと、背筋もきちんと伸ばすことと。

耳を傾けていれば姿勢はどうとでも思うかもしれませんが、

やはり、そっぽ向いているのは相手に失礼ですし、

聞き逃しがあるものです。

聞く姿勢ができると、理解もぐんと深まります。


「ひざ小僧をこちら向けて」とか、

「おへそで話を聞いて」とか(笑)

姿勢を作るためにいろんな言葉で声をかけていました。


「まずは耳から」ですね。




script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=3846893-1351162889-340-453





スポンサーサイト
プロフィール

楽学の森

Author:楽学の森
塾長の森脇啓江です。
読んで覚える音読学習=ミミテックメソッドを広めるべく学習塾を開塾しました。
自然あふれる札幌の地に念願の学び舎ドームハウスを建設し、
子供から大人まで楽しく集い学べる場を提供しています。

お問合せ

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問合せ内容:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
84位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR